エリアスは、花粉症やアレルギー性鼻炎等の眠くならない次世代予防薬

エリアスは花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎やじんましんを緩和する抗ヒスタミン薬であり、次世代の医薬品として注目されている抗ヒスタミン薬です。

長時間持続することで知られ、即効性があり、また眠気などの副作用が少ないことから、比較的安全に使用できる医薬品とされています。

また花粉症の予防薬としての使用も可能であり、花粉が多く飛散する季節に備えて服用することで、花粉症の抑制に期待ができるとされています。

第一世代と呼ばれる過去の多くの抗ヒスタミン薬は副作用が強く、眠気が襲うことが頻出したため、仕事中などの使用には向かないと考えられていました。

しかし、エリアスに代表される第二世代の抗ヒスタミン薬が開発されたことで、仕事を控えていても服用が可能となったため、アレルギー性の鼻炎やじんましんに悩む人々にとって最適の医薬品になっています。

エリアスがアレルギーを抑制するメカニズムはデスロラタジンと呼ばれる成分にあり、このデスロラタジンがアレルギーの原因物質であるヒスタミンを抑制する作用があるため、多くのアレルギー性の疾患が抑えられるとされています。

エアリスは長時間効果が保たれるとされているため、一日一錠の服用ですむことも、人気のある理由となっています。