花粉症等のアレルギー性鼻炎の症状を抑える薬エリアス

通常の風邪と違いアレルギー性鼻炎の場合は花粉やほこり、ダニに対してアレルギー反応を起こし、鼻水や鼻づまりを引き起こします。

そのためアレルギー症状を抑えることが大切で、アレルギーの元となる物資を取り除かなくてはなりません。

また、アレルゲンによってできてしまったヒスタミンやセロトニンを抑える必要があります。

エリアスは花粉症などのアレルギー性鼻炎に良く効く薬です。

有効成分であるデスロタジンが抗ヒスタミン薬のため、眠くなりにくく、口の渇きや便秘なども起こりにくい薬です。

また、1日に1回飲むだけで、長時間効果が持続するので、飲み忘れることもないですし、薬を持ち歩くわずらわしさもありません。

眠くなる、口が乾くといった副作用はありませんが、一般的な薬の服用と同じようにめまいや腹痛、下痢、筋肉痛などが起こることがあります。

また、薬の成分によってアナフィラキシーショックが起こることもあります。

エリアスは、12歳未満の子供や重篤な腎障害がある方、授乳中、妊娠中の方は飲むのを控えた方が良いとされています。

これはまだ安全性が確立されていないからです。

アレルギー性鼻炎がひどい場合は、自分で判断せず、医師と相談しながら服用するのが望ましいです。